管理薬剤師になれば年収は上がる

薬剤師の年収を上げる方法はいくつかありますが、その中で一番確実なものは管理薬剤師になることです。管理薬剤師の仕事は、薬剤師の仕事に管理の仕事がプラスされます。薬剤師の場合は調剤の仕事が中心になりますが、それ以外に管理の仕事を担当します。

管理の仕事の中には人事の管理、薬局の薬の管理、お金の出し入れの管理などがあります。通常の仕事に較べて仕事の量が増えるので、年収は上がります。仕事の量が増えるので、大変な面もありますが、薬剤師としてのキャリアップにつながります。

管理薬剤師の仕事をしたら、転職の時に選択肢が広がります。まず、どこかの薬局で管理薬剤師の仕事を数年経験してみましょう。その後はその経験をもとに、さらに年収が高い職場に移ることができるようになります。

管理薬剤師の仕事は特に資格は必要ありません。薬剤師の資格を持っている方で、この仕事の経験があれば、どんな人でも応募できます。ただし、調剤以外のスキルや人間性が採用のときには問われます。特にコミュニケーションの能力は重視されます。

管理薬剤師の仕事を始めたら、働いている薬局の人事も担当しなければなりません。人事の仕事をするときは、他の薬剤師の意見にもきちんと耳を傾けて、信頼関係を作っていくことが求められます。このタイプの仕事は、薬剤師の転職サイトで見つけやすいです。

特に、転職サイトの中の非公開求人情報に含まれています。非公開求人情報は条件の良い仕事が多いので、応募者が増えすぎるのを防ぐために、詳しい内容が非公開になります。転職サイトの登録者は詳しい内容を見ることができます。管理薬剤師の仕事の年収は500万円台の後半のことが多く、普通の薬剤師の年収より100万円程度多くなっています。

転職サイトを活用すれば、年収が600万円を超える管理薬剤師の仕事を見つけることも可能です。年収が高めの管理薬剤師の仕事は、ドラッグストアの仕事のことが多いです。

ページの先頭へ