男性看護師か女性看護師、転職に有利なのはどっち?

近年はどの病院でも、男性看護師の姿が多く見られるようになりました。男性だからこそ得意とする仕事が多くあり、今では欠かせない存在となっているように思います。

これだけ男性看護師が増えてきているのに、まだまだ看護師といえば女性という昔のイメージが根強く残っているのも事実です。診療科目や病院によっては男女比率が1:1というところもちらほらあります。 しかし、やはりほとんどの病院は、女性の看護師のほうが圧倒的に数が多いですよね。

このことから、女性看護師のほうが病院から求められているということでしょうか。 例えば産婦人科では女性の看護師が重宝されていますし、お年寄りの方は男性の医療従事者=医師だと思っている場合が多々あります。

では男性のほうが不利なのか?というと、結論づけられない理由がたくさんあります。 精神科の病棟の場合、患者さんが暴れてしまったり倒れてしまった時は、男性の看護師のほうが得意とします。

女性看護師でも対応できますが、男性のほうが力がある分スムーズです。あと、女性だからといって患者さんから軽視されることも残念ながらあるようです。精神科以外にも、女性に対して見下すような態度をとる患者さんが度々見られます。

これは大変悲しいことですが、このような時には男性看護師がいると助かりますよね。 一般的な病院では、女性看護師のほうが多く受け入れられているのが現状ですが、これは多くの女性が長い年月をかけて築き上げてきたものです。

どの求人雑誌やサイトを見ても、女性看護師を歓迎しているものが大半ですし、このことからまだ男性看護師の転職は難しいと分析されます。

しかし、最初にも述べた通り、近年は男性看護師が現場で多く活躍しています。男性看護師はこれからがスタートといったところでしょうか。もっと活躍の場が広がるような体制だったり、世間の認識が変わるといいですね。今とこれからの男性看護師の皆さんに期待しています。

ページの先頭へ