看護師3年目の転職を成功させるポイント

毎日残業は当たり前、業務との相性が悪い、激務の割に給料が低い、人間関係に悩んでいる…など、我慢の限界に達して転職を考える人は多いと思います。3年目というと、こういった限界の壁にぶち当たる頃ですが、たった3年の経験で果たして転職が可能なのか?と悩む気持ちもあります。

しかし、実は今が転職する絶好の機会だとしたらどうでしょう。前向きに「3年目の転職」について、考えていきたいと思います。

まだ3年目だと、医療業界においては新人扱いではありますが、必ずしも転職に不利ということはありません。それに、若ければ若いほど、まだまだチャンスがあります。

3年目の看護師のメリットは、基礎ができている、チームの中で働ける、夜勤ができる、臨床経験があることなどが挙げられます。真っ新な新人にはない強みがあり、看護師不足が問題となっている病院にとっては、ありがたい存在ともいえます。

採用側とすれば転職の理由が一番気になるところです。またすぐに辞めるのでは?という風に思われないためには、自分の働きたいという強い意志であったり、協調性があることを伝えるようにしましょう。

「なんとなくこの病院を選んだ」という曖昧なニュアンスは避けて「どうしてもこの病院で働きたい!」とアピールするといいです。やる気と協調性があって、長期で働いてくれる人材が求められていることを理解した上で、前もって志望動機をしっかり練っておくといいと思います。

注意点としては、面接の際に、給与や勤務時間などの条件を要求しないようにしてください。何かしらの不満があって転職したいわけですから、次は失敗したくない!と思って、より条件のいい職場で働きたい気持ちはわかります。

でも、自分勝手な印象を与えてしまっては元も子もないので、条件に合った職場をしっかり調べてから応募するようにしましょう。

☆経験をアピールする。

☆やる気と協調性があり、長く働けることを伝える。

☆ここで働きたいという強い意志を見せる。

☆できる限り条件に合った職場を探して応募する。

これらポイントを押さえて、希望の転職を叶えてくださいね。

ページの先頭へ