看護師として大学病院に勤務する方法

看護師として大学病院に勤務する方法はもちろんあります。それに、大学病院だからといって、何か他に資格が必要ということはなく、看護師資格さえあれば大丈夫です。ただ「大学病院が好む人材」にはだいたい共通点があります。

まずは、大学病院に限らず言えることですが、清潔感があり、常識的な受け答えができなくてはいけません。そして、大学病院といえば、専門的な研究分野に優れていますから、とりあえず働けたらいいという姿勢ではなく、探究心や向上心をアピールするといいでしょう。

将来自分がどうなりたいかをハッキリと言葉にできると尚良いと思います。といっても、あまり自己主張だけが激しすぎても駄目です。チーム医療では様々な職種のメディカルスタッフと連携を取らなくてはいけません。

だから協調性も大切になってきます。自分を持ちながらも、調和がとれる人といったところでしょうか。 そういったことを意識した内容の自己PRを、書類応募や面接の際に盛り込むといいかもしれません。

一緒に大学病院の現状についても押さえておきましょう。すでにご存知かもしれませんが、おさらいとして目を通してもらえたらと思います。国立大学病院で働いている人全員が国家公務員というわけではありません。

医師や看護師などの医療従事者に限って、国家公務員の扱いとなります。国立大学病院の定年については、国家公務員ですから原則60歳です。中には65歳までという国立大学病院もあるようです。 私立大学病院は70歳までと設定しているところもあります。一口に病院といっても様々なようですね。

大学病院にはこのように定年制度が設けられていますが、何歳になっても看護師として病院で働くことはできます。資格に定年はありませんから、例え80歳以上であってもいいのです。しかし体力や判断力は年齢と共に衰えていきますから、定年前に退職する人が多いというのが現状です。 これらを参考にして、大学病院への勤務を検討してくださいね。

ページの先頭へ