治験コーディネーターって何?

[CRC]、[治験コーディネーター]という職業があります。近年耳にする事も増えて来たかと思いますが、まだまだ新しいこのお仕事は「一体何をしているのか?」具体的な業務内容について、あまり知られてはいませんね。ここでは、[治験コーディネーター]とは何か?をご説明いたします。
パート薬剤師のメリット・デメリット

[治験コーディネーター]、または[CRC]とも呼ばれるこのお仕事は、その名の通り[治験]の現場で活躍している職業です。そもそも、この[治験]とは一体なんなのでしょうか?[治験]とは、まだ製造販売され世に出回っていない医薬品や医療機器に対して行われる臨床試験の事を指します。

そのお薬の副作用や安全性のチェック・また薬事法上の承認を得る事を目的としていて、この[治験]をクリアする事でようやくお薬は一般に流通する資格を得るのです。
岩手県薬剤師会ホームページ

そんな[治験]には、様々な立場の方々が携わります。 被験者となる患者さん、医師、看護師、製薬会社、その他のスタッフの皆さん などなど・・・ この様々な立場の皆さんの間に立ち、橋渡し的な役割を担っているのが、[治験コーディネーター]なのです。 例えば、[治験]の実施に際して、被験者となる患者さんには疑問や不安がつきものです。

もちろん、[治験]の段階に至までにそのお薬は動物実験などを経てその安全性は確認されてはいるのですが、 自分の身体を臨床試験に預けるわけですから「大丈夫?」「不安だな・・・」という感情を抱いてとうぜんですよね。 そんな患者さんのフォローも[治験コーディネーター]の大切なお仕事です。 [治験]の実施をスムーズにするため、[治験コーディネーター]の存在は欠かす事が出来ません。

私たちの暮らす日本は日々新しい薬が開発され続けている医療先進国です。 そんな日本での[治験コーディネーター]の需要は、今後ますます高まると言われているのです。 [治験コーディネーター]は、新しいお薬の開発に携わる、やりがいや将来性に満ちた魅力的な職業ですね。

薬剤師転職支援サイト利用での転職ステップ

昨今の薬剤師の転職活動では、転職支援サイトの存在は欠かせません。 実際に大勢の薬剤師の皆さんが、転職支援サイトを活用して転職を成功させているのです。

そんな薬剤師の転職支援サイトは、ほとんど全てのサイトが利用の前に会員登録が必要です。 登録後、転職活動はどのように進んでいくのか・・・、ここで一度予習しておきましょう。

(1)薬剤師に特化したタイプの転職支援サイトに会員登録しましょう。 入力フォームに必要事項を入力し、会員登録を行いましょう。 転職サイトの登録や利用は全て無料です。安心して利用してください。

(2)キャリアコンサルタントによる面談 登録後、キャリアコンサルタントより連絡が入ります。面談で薬剤師本人の希望条件や状況を把握し、その後の求人選びやアプローチに生かされますので、できるだけ詳しく自分のことを伝えましょう。 多く場合、電話で面談が行われているようです。

(3)求人選び 求人情報は、ご自分でも検索・閲覧が可能です。また面談での情報をもとに、キャリアコンサルタントがあなたにマッチした求人を提示してくれますので、しっかりと自分にあった応募先を選んでください。

(4)応募・面接の日程調整 気になる求人があれば、キャリアコンサルタントを通して応募できます。面接の日程調整も行ってくれますので、とても助かりますね。また応募の際の履歴書などの書類作成も、不安や疑問があればコンサルタントに質問しましょう。

(5)面接 面接の対策もキャリアコンサルタントが一緒に行ってくれます。また自分ではやりづらい条件交渉も、キャリアコンサルタントが代わりに行ってくれるケースも多い様です。

(6)採用の連絡 合否の連絡は、キャリアコンサルタントを通して入ります。採用が決まったら、現在勤めている職場への退職の出し方や手続きについてコンサルタントからのアドバイスを受けることもできます。 スムーズな引き継ぎ、退職で、晴れ晴れと再スタートを切りましょう。

薬剤師の転職支援サイトでは、きめ細やかなサービスで転職の成功をサポートしてくれます。 このようなサービスをかしこく活用し、有意義な転職を叶えてください!

アルバイト薬剤師という選択肢

薬剤師は、女性の占める割合がとても高い職業です。 もちろん男性薬剤師もいらっしゃいますが、実際に現場で活躍している薬剤師をみれば、 いかに女性が多いかを肌で感じることもあるでしょう。

女性の人生には、実に様々なイベントが起こります。結婚や出産、子育てに身内のかたの介護など・・・、このような事情を抱えている場合、どうしても働ける時間に制限が生まれてきてしまうでしょう。 プライベートと仕事との両立は、働く女性の永遠のテーマだと言っても過言ではありませんね。

もしもこのような事情を抱えた時、あなたはどのような選択をするでしょうか?中には、現場を退いてしまう女性薬剤師も少なくはないようです。とはいえ、せっかく頑張って取得した薬剤師の資格ですので、 できることなら資格を活かした働き方を続けていきたいものですよね。

そんな場合、アルバイトやパートなどの働き方を視野に入れてみてはいかがでしょうか?アルバイト、といいても、薬剤師の場合他のバイトやパートと比べてかなりの高時給が期待できます。

また、アルバイトですので、決められた曜日や時間での勤務でプライベートの確保も可能でしょう。 無理せず、資格を生かし続けることができる選択肢なのではないでしょうか。

薬剤師の転職では、しばしば転職支援サイトの利用を耳にするかと思いますが、以外にもアルバイト求人でもそれは同じであるようです。

一般的な求人誌や、また新聞の求人欄、ハローワークなどでも探すことができるでしょうが、情報の多さで言えば転職支援サイトが最も多いといっても良いのではないでしょうか。

もちろん、アルバイト探しであっても転職支援サイトでのキャリアコンサルタントによる転職相談も受けることが可能です。また、転職サイトでのこれら一連のサービスは、すべて無料で受けることができますので、まさに好条件のアルバイト先を探すのに、うってつけのツールなのです。

ご自身のライフスタイルにマッチした働き方を選ぶためには、選択肢は多いほうが良いに決まっています。 薬剤師のアルバイト求人探しにも、ぜひ転職支援サイトを活用してみてください。

ページの先頭へ